相手と話すべき事

人身事故の被害者になった場合は、相手とどんな話をすればいいか覚えておくと安心です。事故後の状態にもよりますが、必ずしも加害者が誠意ある行動を取るとは限りません。しかし事故を起こした以上、交通事故の被害者は慰謝料や賠償請求ができますので、相手の身元を確認する事が大切です。

まずは加害者の車種とナンバーを覚えます。暗記できない時はメモに書くか、携帯にナンバーを打ち込むか、ナンバーの写メを撮るなどしておきます。そして相手の運転免許証を見せるよう求めます。相手の住所と氏名、連絡先も聞いておきます。今はメモを取るよりも、携帯で写メを残しておくほうが便利ですし、記憶違いなどもなく安心です。

仕事をしている場合は、名刺をもらいますが、名刺がない時は相手の勤務先や連絡先を確認します。車には車検証、自賠責保険証、任意保険証がありますから、それも提示するよう求めましょう。

中には住所や名前を偽って伝える事があるからです。もしも車が加害者名義のものではなく、他の人の名義や所有する車であった場合は、その人の名前や連絡先も聞いておきます。

目撃者がいれば、警察が来るまで待ってもらうよう頼んでおきましょう。警察や消防への連絡は、加害者がしますが、できない場合もあるので、通報していない場合は通報します。