相手が逃げてしまった場合

被害者にとっては事故に巻き込まれた事だけでもショックなのに、中には事故を起こしておいて、逃げてしまう人もいます。誰だって事故を起こそうと思って起こすわけではありませんが、加害者は事故を起こしたら、被害者の状態を確認し、怪我をしている時は救護措置をしなければいけないという決まりがあります。これを破れば「ひき逃げ」になりますので、罪が重くなります。

相手が逃げてしまった場合、怪我が軽く自分で連絡できるようなら、すぐ警察に通報しましょう。怪我をしていて意識がないとか、動けないような場合は周囲に人がいれば、誰かが警察に通報してくれると思いますので、警察が来たら事情を説明します。

加害者が救護措置をとらずに逃げてしまうと、ひき逃げになるので警察もきちんと動いてくれます。ただし軽く接触しただけで、目立った外傷がなく、目撃者もいないと事件化するのが難しい場合もあります。

また中には事故後は誠意ある対応を見せていたのに、後になって自分は悪くないと開き直ったり、連絡先を変えてしまったり失踪してしまうケースもあります。こういう場合は人身事故なら警察も動きますが、微妙な場合は弁護士に相談してみましょう。免許証番号がわかっていれば、住民票から探す事ができます。