怪我をしている場合

人身事故の被害者となり、怪我をしている場合は、加害者が加入している任意保険を使い、治療費を払ってもらいます。この時、治療費をどう支払うかは最初に話し合っておく事が大切です。

治療費を一旦被害者が立て替え、後から保険会社や加害者に連絡し請求する方法と、保険会社から医療機関に支払う方法かを決めておきます。ただし相手が任意保険に加入していない場合は、保険が使えませんので、治療費の支払いをどうするか決めておく事は大切です。

人身事故の被害者といっても、過失がゼロとは限りません。急な飛び出しや横断歩道以外の場所を信号無視して横切るなどした場合は、被害者にも過失があるので、加害者が100%悪いとはなりません。この場合は被害者が自分で治療費を支払う事もあるので、健康保険が使える場合は保険内の治療を考えておく事も必要になってきます。

健康保険は使わずに、自由診療にする事もできますが、被害者にも過失がある場合は、加害者が治療費を全額負担するとは限らず、かえって治療費が高くついてしまいます。被害者だからと言っても、過失がある場合は、治療費を自分で支払うケースは多いので、何でもかんでも相手に払ってもらえると思わない方がいい場合もあります。