人身事故の被害者になった

人身事故の被害者になった場合、加害者は被害者に対して誠意を持った対応をするのは当たり前の事と思われていますし、実際に加害者にはやらなければいけない事もいくつかあります。しかし現実はそうとは限らず、時に事故の被害者であるにも関わらず理不尽な思いをする事は少なくないのです。

どんなに自分が注意していても、向こうから事故を起こすという事も考えられますから、そうなった時に慌てたり後悔したりしないよう、被害者の心得を知っておくと安心です。

まず人身事故の被害に遭ったら、加害者の車のナンバー、車種は必ず覚えておきましょう。携帯にナンバーを打ち込んでおいてもいいですし、メモがあればナンバーと車種を書いておいてもOKです。気が動転していて車種を覚えていなくても、ナンバーを覚えておけば警察が捜してくれます。

加害者は事故を起こしたら、すぐに被害者に怪我がないか確認し、怪我をしている場合は救護措置をする義務があります。これを怠ると、ひき逃げになりますので、ナンバーや車種を覚えておく事が重要となります。

話ができる状態なら、住所や氏名、免許証の番号を控えるか免許証の写メを撮る、勤務先がある場合は勤務先の名称と連絡先、加害者が加入している自動車保険会社と保険番号は聞いておきます。

万一相手が逃げた場合は、ナンバーを控え、すぐ警察に連絡してください。ナンバーを覚えられなかった時は、周囲の人に協力を仰ぎ、車の特徴や色、ナンバーを目撃している人がいないか聞いてみます。