怪我をしている場合

人身事故の被害者となり、怪我をしている場合は、加害者が加入している任意保険を使い、治療費を払ってもらいます。この時、治療費をどう支払うかは最初に話し合っておく事が大切です。

治療費を一旦被害者が立て替え、後から保険会社や加害者に連絡し請求する方法と、保険会社から医療機関に支払う方法かを決めておきます。ただし相手が任意保険に加入していない場合は、保険が使えませんので、治療費の支払いをどうするか決めておく事は大切です。

人身事故の被害者といっても、過失がゼロとは限りません。急な飛び出しや横断歩道以外の場所を信号無視して横切るなどした場合は、被害者にも過失があるので、加害者が100%悪いとはなりません。この場合は被害者が自分で治療費を支払う事もあるので、健康保険が使える場合は保険内の治療を考えておく事も必要になってきます。

健康保険は使わずに、自由診療にする事もできますが、被害者にも過失がある場合は、加害者が治療費を全額負担するとは限らず、かえって治療費が高くついてしまいます。被害者だからと言っても、過失がある場合は、治療費を自分で支払うケースは多いので、何でもかんでも相手に払ってもらえると思わない方がいい場合もあります。

相手が逃げてしまった場合

被害者にとっては事故に巻き込まれた事だけでもショックなのに、中には事故を起こしておいて、逃げてしまう人もいます。誰だって事故を起こそうと思って起こすわけではありませんが、加害者は事故を起こしたら、被害者の状態を確認し、怪我をしている時は救護措置をしなければいけないという決まりがあります。これを破れば「ひき逃げ」になりますので、罪が重くなります。

相手が逃げてしまった場合、怪我が軽く自分で連絡できるようなら、すぐ警察に通報しましょう。怪我をしていて意識がないとか、動けないような場合は周囲に人がいれば、誰かが警察に通報してくれると思いますので、警察が来たら事情を説明します。

加害者が救護措置をとらずに逃げてしまうと、ひき逃げになるので警察もきちんと動いてくれます。ただし軽く接触しただけで、目立った外傷がなく、目撃者もいないと事件化するのが難しい場合もあります。

また中には事故後は誠意ある対応を見せていたのに、後になって自分は悪くないと開き直ったり、連絡先を変えてしまったり失踪してしまうケースもあります。こういう場合は人身事故なら警察も動きますが、微妙な場合は弁護士に相談してみましょう。免許証番号がわかっていれば、住民票から探す事ができます。

相手と話すべき事

人身事故の被害者になった場合は、相手とどんな話をすればいいか覚えておくと安心です。事故後の状態にもよりますが、必ずしも加害者が誠意ある行動を取るとは限りません。しかし事故を起こした以上、交通事故の被害者は慰謝料や賠償請求ができますので、相手の身元を確認する事が大切です。

まずは加害者の車種とナンバーを覚えます。暗記できない時はメモに書くか、携帯にナンバーを打ち込むか、ナンバーの写メを撮るなどしておきます。そして相手の運転免許証を見せるよう求めます。相手の住所と氏名、連絡先も聞いておきます。今はメモを取るよりも、携帯で写メを残しておくほうが便利ですし、記憶違いなどもなく安心です。

仕事をしている場合は、名刺をもらいますが、名刺がない時は相手の勤務先や連絡先を確認します。車には車検証、自賠責保険証、任意保険証がありますから、それも提示するよう求めましょう。

中には住所や名前を偽って伝える事があるからです。もしも車が加害者名義のものではなく、他の人の名義や所有する車であった場合は、その人の名前や連絡先も聞いておきます。

目撃者がいれば、警察が来るまで待ってもらうよう頼んでおきましょう。警察や消防への連絡は、加害者がしますが、できない場合もあるので、通報していない場合は通報します。

人身事故の被害者になった

人身事故の被害者になった場合、加害者は被害者に対して誠意を持った対応をするのは当たり前の事と思われていますし、実際に加害者にはやらなければいけない事もいくつかあります。しかし現実はそうとは限らず、時に事故の被害者であるにも関わらず理不尽な思いをする事は少なくないのです。

どんなに自分が注意していても、向こうから事故を起こすという事も考えられますから、そうなった時に慌てたり後悔したりしないよう、被害者の心得を知っておくと安心です。

まず人身事故の被害に遭ったら、加害者の車のナンバー、車種は必ず覚えておきましょう。携帯にナンバーを打ち込んでおいてもいいですし、メモがあればナンバーと車種を書いておいてもOKです。気が動転していて車種を覚えていなくても、ナンバーを覚えておけば警察が捜してくれます。

加害者は事故を起こしたら、すぐに被害者に怪我がないか確認し、怪我をしている場合は救護措置をする義務があります。これを怠ると、ひき逃げになりますので、ナンバーや車種を覚えておく事が重要となります。

話ができる状態なら、住所や氏名、免許証の番号を控えるか免許証の写メを撮る、勤務先がある場合は勤務先の名称と連絡先、加害者が加入している自動車保険会社と保険番号は聞いておきます。

万一相手が逃げた場合は、ナンバーを控え、すぐ警察に連絡してください。ナンバーを覚えられなかった時は、周囲の人に協力を仰ぎ、車の特徴や色、ナンバーを目撃している人がいないか聞いてみます。